パソコン用メガネの気になる難点

色の見え方が変化する

パソコン用メガネには、有害なブルーライトをカットするメリットがあります。そのため、レンズは一般的なメガネとは違い、薄いサングラスのような色をしています。着用した時の感覚も、普通のメガネとは違い、若干薄暗く周囲の様子が感じられます。ブルーライトをカットする仕様上、青色系統の光が見えにくくなります。目の健康にはプラスになりますが、普段とは違った色の感じ方になるのが難点です。 クリエーターの方は特に注意が要ります。パソコン用メガネを着用したまま、彩色や写真修正などの作業を行うと、仕上がりに違和感が残る結果になりやすいです。パソコン作業中に最適なパソコン用メガネですが、色をよく確かめる必要がある仕事の時は、一旦外して肉眼もしくは普通のメガネで作業した方が賢明です。

コストパフォーマンスや他人からの印象に課題が残る

いわゆる度が入ったパソコン用メガネは、一般的なメガネに比べて販売価格がやや高めです。服装や利用するシチュエーションに合わせて、複数のパソコン用メガネを購入したいと思ったら、まとまったコストが必要となります。特にブルーライトをカットする働きが良いレンズほど、価格帯が高めになっており、十分なメリットを求めると、先立つものが多く要ります。 他人からはサングラスをかけているように誤解される、これもまたパソコン用メガネの難点です。世間での認知度は十分高くなったパソコン用メガネですが、まだまだサングラスと混同してしまう方々がいるのも事実です。誤解されたたびに、丁寧に説明する手間が生まれるのが、パソコン用メガネの気になるところでしょう。

似合う眼鏡を選んでいつものコーディネートにプラス・ワンすると、あなたのイメージを手軽に変えられます。

Back To Top